全日制男女共学 倉敷高等学校 自分の目標にあわせて選択が出来る9つのコースで皆さんの可能性を引き出します!

倉敷高校で学ぶ2科9コース

普通科 総合 アート&デザインコース

アートやデザインに関する 専門性の高い授業で、
個性と創造性を伸ばす

普通科 総合 アート&デザインコース 普通科 総合 アート&デザインコース

 このコースは、普通科でアートやデザインを専攻できるユニークなコースです。美術の2人の教員はそれぞれが、デッサンやデザインなどの基礎、図画工作、漫画やイラストなどサブカルチャー教育に分かれて担当。異なる教員から授業を受けることは、美術の多様性や寛容さを学ぶことにつながっています。  授業では、「他人の作品をけなさない」 「自分の作品を卑下しない」「好きなものに正直になる」を基本姿勢として、一人ひとりが自由に伸び伸びと表現できる雰囲気を大切にしています。また、教育提携校である倉敷芸術科学大学から教員を招き、より専門的な内容の学習を行っています。さらに、美術系大学のオープンキャンパスへの参加を実施して、進路意識を高め、個別の受験対策も実施しています。  平成二十七年度、京都教育大学教育学部美術領域専攻への合格も果たしています。

ベスト・セーター・サマーベスト

アートについて学び、画力を上げる専門的な授業で成長を実感しています。
川西彩友 2年

倉敷市立西中学校出身

将来は芸術系の大学に進学し、イラストレーターになりたいので、このコースを選びました。話しやすい先生が多く、勉強にも興味がもてるようになり、今は、アートについてたくさん学んで、画力を向上させることが目標です。専門的な授業が受けられ、自分でも成長を実感し、絵の勉強に興味がある人には、きっと為になるコースです。学校生活では、たくさんの地域の友達と触れあえ、友達がいて良かったと思えるようになりました。また、先生や先輩にきちんとあいさつすることを心がけ、礼儀の大切さも学んでいます。

取得目標資格・検定試験

  • ファッションコーディネート色彩能力検定試験 (2級、3級)
  • 色彩士検定試験(2級、3級)

アート&デザインコースの習得内容

アートの基礎デッサンから立体制作まで幅広く学ぶ

多様な授業展開の取り組み(一例)

  • 3年生

    「卒業制作展」

    倉敷アイビースクエアでの卒業作品展示

    「情報デザイン」

    情報を整理してデザインをする(コンクールを目指したポスター制作)

    「造形制作」

    具体的にものを作る(紙粘土でのフィギュア制作、紙での立体造形、ダンボールでのダンボールアート)

    「モノデザイン」

    オリジナルキャラクター制作、オリジナルポスター、漢字を使ったロゴ制作、パッケージデザイン

  • 2年生

    「デザイン入門」

    デザイン知識、色彩構成(ポスターづくり)

    「表現入門」

    工芸のための基礎手作業、切り絵、貼り絵、キャラクター制作

  • 1年生

    1年生は総合として国・数・英の基礎をしっかりと学び、2年生から美術分野の学習・実習時間が拡大します。アート&デザインの分野は進路によって必要な技術や能力がさまざまなので、生徒一人ひとりの目標に対して、それぞれが必要とする指導を行えるようにしています。また、生徒が1つの分野にとらわれず、さまざまな表現や媒体に触れることで興味・関心や知識の幅を広げられる機会を設けるようにしています。